曲物の仕様に関して

■曲物の材質

●側板:木曽ヒノキ ●蓋板・底板・カップ類の柄:木曽サワラ ●縫い目:山桜の樹皮 ●塗装:天然漆

■商品に関して

・商品は全て手作りのため、記載されているサイズ、容量とは若干異なる場合があります。
 (表示サイズは蓋をした状態の外寸です)
・記載内容、商品の価格は予告なく変更する場合があります。
・全て天然素材のため、漆の艶や色味の違う箇所ができる場合があります。
・お使いいただくうちに、徐々に漆の色が明るく変化することがあります。
・漆の生成段階で若干の埃が混入する場合があるため、表面に凹凸ができる場合があります。
・商品の表面に漆や刻苧(こくそ:漆と米の粉を混ぜた糊)の固まりが付着する場合があります。

■曲物の構造 蓋の深い物の仕様

曲物の構造

イラストは合わせ小判弁当です。
蓋を閉めた状態です。


曲物の構造

蓋を開けると左のイラストのようになります。合わせ目は上下で反転しています。
蓋が深いため、合わせ目をずらして蓋の開閉による摩耗を避ける仕様になっています。
蓋の深い製品は全てこの仕様に準拠した構造になっています。
ex:丸メンパ/合わせメンパ等


■曲物の構造 蓋の浅い物の仕様

曲物の構造

イラストは小判弁当です。
蓋を閉めた状態です。


曲物の構造

蓋を開けると左のイラストのようになります。合わせ目は上下で揃っています。
蓋が浅いため、開閉による摩耗の心配は少なく、デザイン的に美しい造形を考慮しています。
蓋の浅い製品は全てこの仕様に準拠した構造になっています。
ex:丸二段弁当/小判二段弁当等


■曲物の構造 小判型・半月型の底板蓋板の仕様(丸型以外)

曲物の構造

合わせ小判弁当や半月など、円形以外の曲物の蓋板や底板は、専用の型を使って材を抜きます。


曲物の構造

まず、切り抜きたい材に、写真のように細釘で型を2ヶ所固定し、その型に沿って型抜きします。
ここでは材の厚みは8mm程度、釘はそれを突き抜けないように3mm程打ち込んで止めています。
材が抜けたら、釘によって小さな傷が付いた面を内側にして、側板にはめます。
丸型以外の楕円形、半月型等は全てこのような方法で材を抜いていきます。


曲物の構造

そのため、丸型以外の曲物は、底板、蓋板のそれぞれ内側2ヶ所に写真のような小さな穴が開いています。
お使いいただく上で、強度的、機能的に問題はありませんので、安心してお使い下さい。
円形の物は木工旋盤で直接材を抜くため、このような穴は開いていません。


■曲物の構造 身と蓋のクリアランス

曲物の構造

イラストは合わせ小判弁当のスケルトンイメージです。
蓋を閉めた状態です。ラインは身と蓋の外周のラインです。


曲物の構造

蓋を閉めた状態での上からの図です。外側のラインは蓋の側板の内周、内側のラインは身の側板の外周です。
約2〜3mm程度のクリアランスをとっています。このような木の器は密閉性は無く、汁物などはお入れできません。
左右に揺すると、このクリアランスの範疇で若干カタカタします。
浅蓋のものも身と蓋で同様にクリアランスをとっています。



Copyright 2003-2014, hananoya, All Rights Reserved.
掲載されている文章、画像及びその他の著作物を無断で複写・転載することを禁じます。