お手入れの方法

 ・お弁当箱は熱いご飯を入れた場合、すぐに蓋をせずに、少しご飯を冷ましてから蓋をしてお持ち下さい。
  (熱いご飯を入れてすぐに蓋をすると、木の目によってはひび割れする場合があります)

 ・使用後は、中性の食器用洗剤とスポンジを使ってぬるま湯で洗い、乾いた布巾で水気を拭き取って保存して下さい。

 ・長時間水に浸しておくことは避けて下さい。

 ・ひび割れの原因になるので、乾燥した場所への長期保存や直射日光、高熱は避けて下さい。

 ・電子レンジ対応曲物「レンジ小判弁当」以外の製品は、電子レンジや食器洗い機はご利用頂けません。
  レンジ小判弁当のご使用方法はこちらからご覧ください。

 ・長期間使わずに保管しておくと、表面に木のヤニが出る場合がありますので、アルコールなどで拭き取って
  お使い下さい。

 ・漆の香りが気になる場合は、米の中に数日間入れておくと香りが薄くなります。

 ・個体差もありますが、曲物の耐用年数は概ね5年程度です。その程度の時期を目途に買い替えをお考えください。
  詳しくは「よくある質問」の「Q.曲物は一生使えますか?」の項目をご覧ください。

  その他お手入れの方法やご使用方法に関するご質問、お問い合わせは

  お問い合わせフォーム、もしくはメール:info@hananoya.jp
  TEL:0264-34-3708 FAX:0264-34-3709
 までお気軽にお問い合わせ下さい。


Copyright 2003-2014, hananoya, All Rights Reserved.
掲載されている文章、画像及びその他の著作物を無断で複写・転載することを禁じます。